プロボクサーを目指す方からボクシングでダイエットしたい方まで。あなたのボクシングライフを応援します。
川崎新田ボクシングジム 2フロアのジム専用ビル。小田急線向ヶ丘遊園駅徒歩3分・登戸駅徒歩6分!
お問い合わせ044-932-4639
営業時間:13:00〜22:30(月−金) 10:00〜19:00(土日) 13:00〜19:00(祝)※水曜定休
川崎新田ジムメルマガ
about Kawasaki Nitta Boxing Gym
in English
ベトナムでインターンシップ

ジム概要

スタッフ紹介
地域貢献活動

地域貢献活動

震災支援活動3

4月29日(金)、「ボクササイズ教室 in 等々力アリーナ」というイベントを開催しました。

 

東日本大震災で被災され、等々力アリーナで避難生活を送られている皆さんに、

ストレスや運動不足の解消の為に、ボクシングのエクササイズを楽しんで頂こうと、

川崎市中原区の主催、

株式会社川崎フロンターレ、川崎フロンターレ中原アシストクラブ、

中原区の北澤ボクシングジム、そして川崎新田ボクシングジムの協力という形で、

おこなわれました。

音楽に合わせたエクササイズ、ミット打ち体験、選手のパフォーマンス、等々、

約1時間のプログラムは、とても充実したものになりました。

 

参加されたある女性は、「こんなに汗が出るとは思わなかった」と、

満足げに笑顔を見せて下さいました。

今後も、定期的に開催してゆく予定です。

 

 

震災支援活動2

4月22日(金)夕方、川崎フロンターレとともに、

向ヶ丘遊園駅前で、震災復興支援の募金活動をおこないました。

震災から1か月経過している事、フロンターレの選手がいない事などの理由でしょうか、

前回おこなった時と比べると、少し手ごたえが小さくなった印象でしたが、

それでも多くの人が募金に協力をして下さいました。

この日は、5月16日に日本タイトル戦を控えた黒田雅之(写真右)や、

2008年度全日本新人王の古橋大輔(写真中央)、

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」で話題となった西禄朋(写真左)他、

川崎新田ジムの選手・練習生らが交代で参加し、

皆それぞれの思いで活動に取り組んでいました。

震災支援活動

4月22日(金)、川崎市中原区長の小野寺京子さん(写真中央)と面会をしました。

目的は4月29日(金)におこなう等々力アリーナでのイベントの打合せでした。

現在、福島県からの避難されて来た皆さまが、等々力アリーナで100余名生活されています。

「復興支援の為に何か出来る事はないだろうか」と、かねてから模索していたところ、

避難生活中の皆さまの心身の健康、リフレッシュの為に、

ボクシング教室をおこなってはどうだろうか・・・というアイデアがひらめきました。

行政とパイプを持つ知人に相談したところ、早速段取りを組んでいただき、

とんとん拍子で話がまとまりました。

中原区の北澤ボクシングジムと協力し、選手やインストラクターを派遣して、

ボクシングエクササイズやミット打ち体験をおこなう予定です。

川崎フロンターレの協力も得ることになり、

中原アシストクラブ会長の藤本秀明さん(写真右)もご同席いただきました。

日本全体で、この悲しみを乗り越えなくてはなりません。

出来る事を見つけながら、少しでも力になれたらと思います。

 

 

川崎フロンターレらと街頭募金

3月18日、22日の両日、川崎フロンターレの選手、春日山部屋の力士らと、

震災復興支援の街頭募金をおこないました。

 

3月18日は新百合ヶ丘駅、武蔵小杉駅でおこない、 女子バレーのNECレッドロケッツ所属選手らも参加。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20110318-OHT1T00284.htm

 

3月22日は川崎駅、武蔵溝ノ口駅でおこないました。

http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000331103230002

義援金が少しでも復興の役に立てればと思います。

フロンタウン冬祭り

12月27日(月) 川崎フロンターレ運営のフットサル場「フロンタウンさぎぬま」で、冬祭りが開催されました。

川崎新田ジムの黒田雅之、古橋大輔、片桐秋彦も、春、夏に続き3度目の参加。 来場したちびっ子らと楽しく交流をしました。

まずはふろん太君も一緒に準備体操―

地域貢献画像1

そして、「ダルマさんが転んだ」―

地域貢献画像2

そしてグローブを付けてミット打ち体験―

地域貢献画像3

みんな楽しくボクシングと触れ合う事が出来たようです。 ボクシングの裾野を広げる為にも大切な活動のひとつです。

多摩消防フェア2010

地域貢献画像4
11月20日(土) よみうりランドで「多摩消防フェア2010」というイベントがおこなわれました。
毎年秋、市民に防災意識の高揚を呼び掛ける、多摩消防署主催のイベントで、
川崎市消防音楽隊やアメフトのチアリーダーズによるパレードやパフォーマンスがおこなわれます。
今年は我が川崎新田ボクシングジムにもお声がかかり、
パレードへの参加や、トレーニングパフォーマンス、ちびっ子のミット打ち体験など、協力をさせていただきました。
写真は古橋大輔、友田達也です。
既に市民救命士の資格を取得している両選手、
市民のひとりとして防災意識を高めていました。
・・・と思います。

振り込め詐欺防止運動に協力

地域貢献画像5
本日10月19日(火)、多摩警察署と防犯協会と共同で、「振り込め詐欺防止運動」をおこないました。
黒田雅之をはじめ、川崎新田ジムの選手練習生ら11名が、向ヶ丘遊園駅のダイエー正面広場に集合し、
ゼッケンビブスを着用して、チラシや景品を配布。市民へ注意を呼びかけました。
地域貢献画像6
神奈川県の今年の被害総額は8月末までで6億円を超えるとのこと。手口はますます巧妙となり、真剣
な対策が必要となってきています。
こんな活動でも、少しはお役に立てれば嬉しいですね。
地域貢献画像7

多摩消防署とコラボ


多摩消防署

8月17日(火)、多摩消防署から、所長以下3名の来客がありました。

 新聞等で、地域密着のボクシングジムを目指す川崎新田ジムの理念を知り、

 「9月の“防災の日”に際し、川崎新田ジムにひと肌脱いでもらえないか―」 という相談でした。

 既に当ジムトレーナー達は取得している、AEDを使用する「救命救急士」の資格を、 選手たちにも取得してもらい、

 「街で何かあった際に、選手たちにも対応出来るようになって欲しい」 、

また、 「市民に対する意識高揚の働き掛けに協力をして欲しい」 という趣旨のものでした。

 「一人でも多くの人が、救命救急の知識を持っていた方がよい―」 という考えに賛同し、

私は二つ返事で協力させて頂くことに決めました。

そして「防災の日」の9月1日、ジムで「救命救急講習会」を開催しました。

下記はその時の報道記事です。

http://www.townnews.co.jp/0203/2010/09/10/67610.html

 

多摩警察署&多摩防犯協会とのコラボ

多摩警察署

 

川崎市の多摩警察署、多摩防犯協会と、川崎新田ボクシングジムとのコラボで、 「ボクサーが防犯パトロールのゼッケンビブスを着用してロードワークをする」 という企画が持ち上がり、 7月30日、多摩警察署で特性ビブスの贈呈式がおこなわれました。 多摩警察署長、多摩防犯協会長らのご挨拶をいただき、 川崎市のカラーである、水色を基調としたゼッケンビブスを頂戴致しました。 私のお礼の挨拶を終え、黒田雅之と古橋大輔が、 早速ビブスを着用して、ミット打ちとスパーリングのパフォーマンスを披露。 その後、ビブスを着用した12名の選手・練習生らは、 式に参加された皆さまが、多摩警察署正門で見守る中、 街中へ向けてロードワークを開始しました。 毎朝の個人ロードワーク、毎週土曜日の集合ロードワークで着用予定です。 微力ながら、地域の防犯活動に貢献出来ればと思います。   このイベントは、新聞、雑誌など、多くの取材陣に取材して頂きました。 掲載記事等、後日報告させて頂く予定です。